三菱自動車工業の不正につい

今まで、私は三菱自動車を愛用しています。理由は簡単です。まず第一に他メーカーより値段が安いことです。第二として4輪駆動車の性能が他社に比較し優れている。第三として2回も不正をしたのですから絶対に3回目はないとおもっていたからです。ところが今回不正が発覚しました。なんとしたことか日産自動車からの指摘によるものでした。せめて内部告発か内部調査の結果であれば少しは将来に光明も見いだせるものの!!
短い期間で汚名が残る不正を3回も行ってしまう体制は、もはや救いようのない会社組織の欠陥であると思います。やはり会社の体質の悪の根源は、親方日の丸的な感覚なのかもしれません(通常の会社は倒産)。2回目の不祥事のときに、痛いほど世間にたたかれ、株価暴落、会社倒産も免れない状態だったはずである。その危機を三菱グループ内で傷の舐めあいをしながら。会社再建をしたのが悪かったと思います。今回、日産のグループの傘下に入り再構築する判断は賢明な判断であると思います。
ここで一つだけ大きな疑問:日産が三菱に下請けさせたのですから日産にも問題があるのでは?問題提起したから罪はないと思っているのであれば大問題です。

カテゴリー: メモ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です